現在BS12で好評放送中の「花と将軍~Oh My General~」。本作で主演を務めるション・イールンに、本作について話を聞いた。

【プロフィール】ション・イールン
92年生まれ、浙江省杭州市出身。身長180cm。高校卒業後、北京でファッションデザインを学ぶかたわら、モデルとしても活動。12年短編映画『鏡像效應(原題)』にて俳優デビュー。

もっと詳しいプロフィールはこちら⇒【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ション・イールン(盛一倫)

==========

― 「花と将軍~Oh My General~」への出演を決めた理由を教えてください。

昔からずっと、"違うタイプのキャラクターにチャレンジしたい" という気持ちが強くて。しかも、やるならいっそギャップが思いっきり大きいキャラクターがいいと。なので、本作の話をいただいたとき、これはぜひチャレンジしたいと思いました。


― 脚本をはじめて読んだときの印象は?

脚本をとても面白く読みました。そして、この作品は僕にとって大きなチャレンジになるだろうと思いました。


― 撮影期間はどれぐらいでしたか?

半年ぐらいの撮影期間でした。


― 演じられた"趙玉瑾"はどのようなキャラクターだと思いますか?

僕が演じた"趙玉瑾"というキャラクターには「美男子」のレッテルが貼られています。ですがその判断は...視聴者の方にお任せしたいと思います。


― "趙玉瑾"を演じる際に意識されたことを教えてください。

趙玉瑾は軟弱ではありますが、女性らしさがあるわけではありません。そして軟弱なところ以外にも、いくつかの特徴を持っています。賢い、親孝行、ツンデレ...。僕がこの役を演じるうえで一番大事だと感じたのは、彼は軟弱ではあるけれど、責任感と正義感が強いキャラクターだということです。だからこの役を演じるには、単純になまめかしい、柔らかく美しいところを表現するだけではいけないと思いました。


― マー・スーチュンさんとの共演はいかがでしたか?マー・スーチュンさんとの撮影時に印象に残っているエピソードがあればおしえてください。

スーチュンさんはとてもプロ意識の高い女優さんです。彼女と共演できたことで、僕自身いろいろと勉強させてもらいました。
撮影時の思い出は、彼女の誕生日が撮影期間中だったので、皆でお祝いをしたことです。その時、とても温かな雰囲気だったことを憶えています。


― 葉昭と趙玉瑾のシーンで、ション・イールンさんが一番キュンときたシーンを教えてください。

一番を選ぶのは難しいですね。葉昭と趙玉瑾は出会ってから愛し合うまで一緒に成長していきました。僕は、この成長の過程がすべてドキドキでした。


― 本作では、魅力的なキャラクターが多数登場しますが、ション・イールンさんが「このキャラクター好きだな」と思うキャラクターは誰ですか?

これも、1つだけを選ぶのは難しいです。この作品では、どのキャラクターも魅力的で面白くて、誰もがこのドラマに不可欠な存在でしたから。


― 趙玉瑾は、甘えん坊だけれど亭主関白なところもあるキャラクターでしたが、ション・イールンさんご本人と似ているところ、似ていないところは、それぞれどこですか?

僕と趙玉瑾が似ているところは、日常の中での経験や学びから、成長していくところだと思います。


― ドラマ前半では、艶やかに舞うシーンも出てきましたが、踊りのシーンの撮影はいかがでしたか?

こんなに踊らなくちゃいけないのは初めてだったんです。だから事前に踊りを習ったりもしたんですが...撮影中に何回も転んでは、NG出してしまいました...。最終的には...視聴者の方が満足していただければそれでいいです。


― 趙玉瑾はオシャレでたくさんの種類の衣装をまとったり、葉昭や側室たちにまで自分で作って贈るなど、かなりこだわりも持っている人物でしたが、気に入られた衣装はありますか?また、衣装に関して何かエピソードがあれば教えて下さい。

このドラマに登場した衣装は全て好きでした。誰のどの衣装も、全てキャラクターの性格やイメージに合ったものが作られていたので。


― 最初は葉昭に反発しているものの、次第に彼女の魅力に気が付いていく趙玉瑾ですが、 演じられていて、趙玉瑾が彼女に惹かれていったのは、どんなことがきっかけだったと思いますか?

葉昭には普通の女の子と違う、すぐれた才気があります。彼女と夫婦になり、彼女の持つ正義感と国への情熱を趙玉瑾は知っていきます。しかもそれが自分も同じだと気付いた。そういうところがきっかけだったんじゃないでしょうか。


― 本作で印象に残っているシーンはありますか?その理由も教えてください。

舞うシーンがすごく印象に残っています。僕にとって、お芝居も舞いも意識しなければいけなかったから...大きなチャレンジでした。


― 撮影現場はいかがでしたか?

みんな仲が良く、撮影現場はとても良い雰囲気でした。スタッフの皆さんもプロ意識が高く、仕事熱心だったので、一緒に働けてとても気持ちが良かったです。


― ション・イールンさんが思う本作の魅力を教えてください。

「花と将軍」はヒーローとヒロインがお互いのことを受け入れて、一緒に成長していく奮闘記だと思っています。このドラマのテーマは、忠実で互いに何があっても変わらない愛情。だからご覧になっている方も、そのすごくポジティブな雰囲気を感じてもらえると思うんです。それがこのドラマの魅力です。


― 本作はウェブドラマながら、とても大きな反響を呼びました。その反響の大きさを感じる出来事はありましたか?

ドラマを観賞してweiboで僕にメッセージを送ってくれたファンの方がいたので、その反響は感じていました。僕はファンからのメッセージには目を通しているので。
メッセージを読みながら、皆さんが趙玉瑾というキャラクターやこのドラマを好きになってくれたことに対し、すごく感謝しています。


― これから作品を観る日本の視聴者へ、メッセージをお願いいたします。

日本の皆さん、こんにちは!ション・イールンです。
「花と将軍」で僕が演じたのは南平郡王・趙玉瑾。彼は世間知らずの郡王からどんどん成長していきます。日本の皆さんにもこのドラマを好きになっていただければ幸いです。

<おわり>

==========

「花と将軍~Oh My General~」


DVD-BOX1~3 好評発売中!(各18,000円+税)
レンタルDVD vol.1~30 好評レンタル中!

「花と将軍~Oh My General~」日本公式サイト
提供:エスピーオー/BS12 トゥエルビ  発売・販売元:エスピーオー  原題:将軍在上(英題:Oh My General)©上海興格文化傳媒有限公司 ©Shanghai Xingge Culture&Media Co., Ltd 

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  4. 4【アジア俳優名鑑】ピーター・ホー(何潤東)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  9. 9イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  6. 6【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  10. 10驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事