12月10日に文京シビックホール小ホール(東京)で行われた、「韓国テレビドラマコレクション2019」発売記念イベント『第2回 韓国テレビドラマコレクション大賞』クロストークショーの模様をお伝えします。

2002年からキネマ旬報社で発行されている元祖韓国テレビドラマ年鑑「韓国テレビドラマコレクション」。去年より韓国ドラマ精鋭ライターが今年のイチオシ作品を選ぶ「韓国テレビドラマコレクション大賞」がスタート!2018年はこの3作品が選ばれ、授賞式の後、豪華ゲストによるトークショーが行われました。


第2回 韓国テレビドラマコレクション大賞
【総合第1位】「浪漫ドクター キム・サブ」
【総合第2位】「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-」
【総合第3位】「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」

★去年の『韓国テレビドラマコレクション大賞』クロストークショーイベントレポはこちら★

========

MC古家正亨さん(以下、古家) 「韓国テレビドラマコレクション2019」発売記念トークショー!今すぐ韓国ドラマが見たくなるとっておきの話~!(会場拍手)
それでは早速、本日のパネリストの方々をご紹介します。皆さん緊張されていますので、ぜひ韓国バラエティ調の「Ho~!!」の拍手でお迎えいただいてよろしいでしょうか?(会場笑)


まずは韓国専門テレビチャンネル、韓流No.1チャンネルKNTV!韓流・華流イケメン見るならDATV!株式会社デジタルアドベンチャー編成制作局宣伝チーム、土井裕美子様~!(会場Ho~!!&拍手)
続きまして、株式会社BSフジ編成局広報部、真田夏希様~!(会場Ho~!!&拍手)
そして「韓国テレビドラマコレクション」編集部からこの本の監修・執筆を担当していらっしゃいますアジアンエンタメライター青木久美子様~!(会場Ho~!!&拍手)

皆さん、今日はお忙しいところありがとうございます!今回の受賞3作品は、皆さんそれぞれ思い入れのある作品だったのかお伺いしたいのですが、まず1位の「浪漫ドクター キム・サブ(以下、キム・サブ)」、2位の「逆賊-民の英雄ホン・ギルドン-(以下、逆賊)」を放送されたのはKNTVさんですよね。土井さん、いかがでしたか?

株式会社デジタルアドベンチャー 土井裕美子さん(以下、土井) KNTVあるあるなんですが、日本初放送した時は反応がそこまでじゃないんです。その後、DVDや他のチャンネルさんで次第に人気が出るという感じでした。

作品的なことで言いますと「逆賊」の主演がユン・ギュンサンさんで。社内でも「ユン・ギュンサンさん、これからどれぐらい人気が出るんだろう」と予想していたのですが、見事に大活躍していただきまして。「逆賊」ではユン・ギュンサンさんの、ガタイはいいんだけどお顔は可愛らしく、朴訥とした魅力が出ていたので、彼の魅力を知っていただくのにとてもいい作品だったんじゃないかと思います。

古家 女性としては、体がガッチリしているけど顔が可愛いというのは、やはり胸キュンポイントですか?

土井 はい、胸キュンポイントですね(笑)。(会場笑&拍手)

古家 体がごつくって、顔もごつかったらダメですね...。(会場笑)
真田さんは、今回の3作品をご覧になって、いかがですか?

株式会社BSフジ 真田夏希さん(以下、真田) 3位の「トッケビ~君がくれた愛しい日々~(以下、トッケビ)」は弊社でも放送させていただきまして。2018年に弊社で放送した作品の中で、最も反響の大きかった作品なので、とても嬉しく思っております。

古家 ご自身としては、この3作品の男性キャラクターの中でコン・ユさんが一番好み、とかいうことでは?

真田 それはもちろん!(会場拍手&笑)

古家 (笑)青木さん、青木さんはいつぐらいから韓流に関わってましたっけ?韓流創成期からですよね?もう20年ぐらいじゃないですか?

アジアンエンタメライター青木久美子さん(以下、青木) かなり昔からですね(笑)。

古家 本当にベテランで、最初から韓流の魅力を伝えてくださっているライターさんです。(会場拍手)
そんな青木さんから見て、この3作品は順当ですか?

青木 そうですね。ライターさんのかなり主観的な好みで選ばれた3作品ですが、全て韓国でヒットしていて、どれを見ても絶対に感動できるオススメの作品だと思います。ただ、「トッケビ」が1位になるかなと予想されるところで「キム・サブ」が1位というのが、渋好みでライター目線かなと。(会場笑)

古家 たしかに一般の方の投票だと「トッケビ」が1位かな、という流れかもしれませんね。実は僕も最初は「『キム・サブ』なんだ!?」って...すごい良いドラマなんですけどね。(会場笑)本当に思ってますよ!なんですか?!僕、目が小さいから表情がわかりにくいですか?(会場笑)

では、今回はお三方をお迎えしてお話を聞いていきたいと思いますが、最初のテーマ【2018年の韓国ドラマの傾向】についてお話をお伺いしていきたいと思います。

実は「トッケビ」の韓国放送は2017年で、その年はタイムスリップやファンタジー、刑事ものが韓国で随分増えているなという印象を受けましたが、今年はどうだったんでしょう?
青木さん、今年の韓国ドラマの傾向ってどんな感じでしたか?

青木 ファンタジーの流れは引き続きなんですが、その中でも一人二役、ロボットものが多かった気がします。昔はインタビューで「悪役をやりたい」と言う俳優さんが多かったんですが、今は1人2役をやりたい人が多いようなに感じます。きっとやりがいを求めてるんじゃないでしょうか。

今年は一人二役で本当にすごい作品が多いんです。「スイッチ~君と世界を変える~」や「トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中!?~」もそうですし、「私たちが出会った奇跡」はベテランのキム・ミョンミンさんが一人二役ですし。

個人的に面白いなと思ったのは「私の男の秘密」というマクチャンものの毎日ドラマ。実は双子だったという出生の秘密があるんですが、ソン・チャンウィさんが毎日ドラマで一人二役を演じられたのは大変そうだと思いました。

「私の男の秘密」日本版予告編


古家 大変ですね...しかもマクチャンドラマで...!(笑)
では、2018年を振り返って皆さんが「このドラマ良かった!」と思う作品を伺いたいんですが、青木さんは先ほど少し挙げていただきましたが、その中でもこれは良かったというのは何ですか?

青木 ロボットものなんですが、「君も人間か?(原題)」です。ソ・ガンジュンさんがロボットと人間の一人二役をやってるんですけど、演技がすごいんです!しかもロボットの方が断然素敵(笑)。人間の方はダメ御曹司で、ロボットの方は優しく優秀という。本当にソ・ガンジュンさんの演技力にくぎ付けになるのでオススメです。

古家 ソ・ガンジュンさんは素晴らしい役者さんとしてもともと知られていましたが、最近ますます演技力に磨きがかかってますよね。

青木 はい、この作品で演技力が更にアップしたような気がします。

古家 ソ・ガンジュンファンの方はいらっしゃいますか?(会場挙手)結構いらっしゃいますね。いま顔覚えましたから、他の時に手を挙げないでくださいよ。(会場笑)
土井さんはいかがですか?

土井 ラブコメディは引き続きあったと思いますが、その中でも感動的な要素がある作品が多かったと思います。例えば「30だけど17です(原題)」。飛ぶ鳥を落とす勢いのヤン・セジョンさんが主演で、過去に傷を抱えた男女が出会い互いに傷を癒していくという作品です。チャン・ギヨンさん主演の「ここに来て抱きしめて」も、過去に悲しい出来事があった2人が再会し、愛し合うことで傷を癒すという作品でした。韓国が全体的に癒しを求める年だったのかなと。

「ここに来て抱きしめて」番組ティーザー映像


古家 社会が混乱しているということもありますからね。それに、韓国ドラマは世相がすごく反映されやすいと言われていますし。真田さんは、今年どんなドラマが記憶に残っていますか?

真田 「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」ですね。チョン・ヘインさんがこれでブレイクされて。

古家 チョン・ヘインさん、まさに今年を代表する俳優さんですよね。そういえば先日、東京国際フォーラムで日本で初めてのファンミーティングが行われましたね。(会場歓声)

真田 再び年下彼氏ブームが来るんじゃないかと思っていて。先月末から「ボーイフレンド」の韓国放送も始まりましたし、この作品もどうなっていくか期待大です。

古家 女性ならではの作品選びというんでしょうか。先ほどから作品名が出るたびに、拍手や歓声が起きていますね(笑)。
では俳優さんについてもお伺いしましょう。もう何名かお名前が出てきましたけれども【2018今年ブレイクしたイケメン俳優は誰?】ということで、土井さんはどなたを挙げますか?

土井 先ほどもお話した「ここに来て抱きしめて」の主演、チャン・ギヨンさんです。モデル出身で一見クールな感じなんですが、インタビューでお話しすると冗談も言う方で。ギャップがオススメです。

チャン・ギヨンさん(写真は「ゴー・バック夫婦」より。Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ Couple on the Backtrack SPC All rights reserved )

古家 ギャップ萌えですか!

土井 彼のまなざしとか低い声も魅力的で。個人的には、チャン・ギヨンさんにグッと来た1年でした。

古家 韓国の男性、特に俳優さんは皆さん声が低いんですよね。僕みたいな高い声の人あんまりいませんから。イ・ビョンホンさんに一度「古家さんも低い声で話したらいかがですか?」と言われたことがありますよ。(会場笑)
青木さんはどなたを選びますか?

青木 私はチョン・ヘインさん、ヤン・セジョンさん、ウ・ドファンさんが、かっこよくて若くてバリバリ活躍しそうなんですが......個人的に自分の今年のスターは...

古家 ちょっと待ってください!(笑)今の3名はイントロダクションですか?!(会場笑)

青木 はい(笑)。ベテランの方なんですが...ソン・スンホンさんです。(会場歓声)

ソン・スンホンさん


古家 あぁ!「プレーヤー(原題)」ですか?

青木 「プレーヤー(原題)」と「ブラック~恋する死神~」。この2作品で、今までと全然違う魅力が生まれたと思いました。

古家 つい最近「プレーヤー(原題)」の撮影現場に行ってソン・スンホンさんにお会いしてきたんですよ。インタビューを撮る予定はなかったので、遠くから「家政婦は見た」みたいにソン・スンホンさんを見ていたら目が合って、インタビューさせてくれたんです。来週放送されるんですけど。ソン・スンホンさん、最近新しい自分の見せ方や演じ方を見つけた、ということをお話されていて。ますますこれから良い作品に出られるんじゃないかなと思います。
真田さんはいかがですか?

真田 私もチョン・ヘインさんですね。「あなたが眠っている間に」にも出演されていて。警察官役がとてもお似合でキラキラ輝いていて。イ・ジョンソクさんもかっこいいんですけど、チョン・ヘインさんも素敵でした。

古家 違う俳優さんを目当てに見たドラマで、新しい発見があるパターンって結構ありますよね。「こんな良い人いたの?私この人に惹かれちゃうわ」ということって絶対ありますよね。

では続いて、演技に関してはお伺いしていきたいと思います。「演技ドル」という言葉がありましたが、今ではKPOPのアイドル出身で俳優さんとしても活躍される方が多いというか、それが当たり前になりつつで。いまや「演技ドル」じゃなく「演技出来て当たり前ドル」みたいな。(会場笑)そんな中、青木さんがあえて挙げるなら、演技ドルで誰を挙げますか?

青木 EXOのディオ(ド・ギョンス)ですね。

古家 映画も引っ張りだこですしね、ディオくんは。

青木 やっぱり演技力がズバ抜けているかなと。「100日の朗君様(原題)」は今すごく見たいと思っている作品です。

古家 映画でも『スイングキッズ』がすごい評判になってますからね。土井さんはいかがですか?

土井 私もディオくんですね。「100日の朗君様(原題)」がKNTVで1月から放送されるんですが、ディオことギョンスくんは今までも「大丈夫、愛だ」などにも出演していて。演技力がすごくある方だと思うんですが、史上最高にキラキラしています。この作品では、ギョンスくん演じる孤独な世子が記憶をなくし庶民の男の子になるんですが、その正反対の魅力がまあ可愛らしいです。相手役のナム・ジヒョンちゃんと100日間かりそめの結婚をするという設定なんですが、ナム・ジヒョンちゃんがすごくちゃきちゃきした魅力のある子なので、2人との相性がぴったりで。最初は姉さん女房みたいな感じでギョンスくんが引っ張られて、段々と男らしさが出てきて。「好き」となってからのギョンスくんがすごくカッコイイんです!

「100日の朗君様(原題)」番組ティーザー映像


古家 説得力ありますねぇ...!(会場拍手)真田さんはいかがですか?

真田 パク・ヒョンシクさんですね。「家族なのにどうして」という作品がすごく大好きで、それ以来注目しています。「上流社会」とか「花郎<ファラン>」とか。スタイルもいいので映えるし、かっこよくてステキだなと思います。

古家 お三方とも、ニヤニヤしながらお話されますね。見ていてこっちも楽しくなってきますよ。(会場笑)ディオくんもそうですし、僕ナム・ジュヒョクさんが好きなんですが、チョ・インソンさんと共演された若手俳優さんは必ず伸びますよね。

それでは、皆さん気になるだろう【ネクストブレイク】。これは難しいかなという感じがしますが、土井さんの考えるネクストブレイクスターは?


土井 個人的な推しにもなってしまうんですけど...(会場笑)キム・ソンホさんってみなさんご存知ですか?
「トゥー・カップス~ただいま恋が憑依中!?~」にちょっと軽い詐欺師役で出演されていて。主演のチョ・ジョンソクさんとのブロマンス的な要素もあり、二人の掛け合いがすごく面白くて。次に参加された「100日の朗君様(原題)」ではシリアスな役柄を演じていて。舞台出身のかただけあって演技力がしっかりあり、軽い役もシリアスな役もどちらも演じられる方なんです。安心して見ていただける俳優さんだと思います。

キム・ソンホさん(「最強配達人~夢みるカップル~」より。Licensed by KBS Media Ltd. ⓒ Couple on the Backtrack SPC All rights reserved)

古家 やっぱり安心感って大事ですよね。青木さんはネクストブレイクは誰だと思いますか?

青木 先ほども挙げたんですが、やはりヤン・セジョンさんは注目しています。...個人的にも好みのタイプで...(会場笑)。脇役でも目を引く感じがあり、でも出しゃばり過ぎない。でも、ちゃんとトップにいられる感じがあって。

ヤン・セジョンさん

古家 韓国の俳優さんにお話を聞くと、かつては主役を演じることが目標だった人が多かったですが、最近は脇でいかに輝くかというところで勝負をかけたいという俳優さんが増えたと聞きます。確かに、助演から一気に仕事が増えたって人多いですからね。真田さんは誰が来ると思いますか?

真田 「私のIDは江南美人」に出演していたASTROのチャ・ウヌくんです。

古家 ウヌくんはつい先日一緒に仕事したばかりですけど、あのドラマでウヌくんは結構ライジングスター賞獲ってますよね。

真田 10月に韓国で様々なアーティストが出るライブを見させていただく機会がありまして。そこにASTROが出てたんですけど、会場のモニターにウヌくんが映る度にすごい悲鳴が響いていて。彼の人気を再認識しました。

古家 特にこのドラマで魅力が輝いていたので、来年以降のオファーが殺到しているなんて聞きました。

<後編へつづきます>

========

「韓国テレビドラマコレクション2019」好評発売中


韓国テレビドラマガイドの決定版!
1,000本を超える韓国ドラマがこの1冊で分かる"元祖" 韓国テレビドラマ年鑑。
今年の表紙はパク・ソジュン!

定価:2,100円+税
刊行:2018年12月3日
判型:A5
ページ数:704(予定)
発行元:キネマ旬報社
ISBN:978-4-87376-857-1

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  3. 3<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  6. 6【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  7. 7【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  8. 8【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  9. 9「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  10. 10<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #21~30
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  3. 3<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  6. 6【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  7. 7【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  8. 8【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  9. 9「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  10. 10<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #1~10
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事