【6/23(火)更新】当館での新型コロナウィルス感染予防対策について

  • 一覧へ戻る

当館での新型コロナウィルス感染予防対策について

<密閉回避>
・通常より換気機能を強めて、上映中も換気を行うこととする。
・入れ替えの時間を通常より長くとって、スクリーン内の空気が入れ替わる時間も長くする。

<密接回避>
・試写会や舞台挨拶など、お客様が集中するようなイベントは行わない。
・声を出しての応援上映など、飛沫が発生するような上映は行わない。
・入場者プレゼントの配布はゴム手袋・マスク・フェイスガード着用のスタッフが行う。
・ロビーのベンチ・イスを間引きする。
・座席は一席ずつ空けての販売とする。

  <感染拡大予防策>
・スタッフは全員マスクを着用し、検温・手洗い・消毒の徹底を行う。
・お客様にマスクの着用をお願いする。
・お客様がご自身で座席やひじ掛け等を拭けるよう、消毒液とペーパータオルを用意する。
・トイレについては、専任スタッフによる巡回と清掃回数を増やすことで常に清潔な状態を維持する。
・飲食売店スタッフは全員ゴム手袋を着用し、キャッシュトレイを使って直接金銭の受け渡しを行わない。
・入場時にチケットを切らず、目視で確認する。
・WEB予約されて、スマホをお持ちのお客様はチケット発券を不要として、スマホ画面で入場チェックを行う。
・スクリーンの開場を行うスタッフは、マスク着用に加えて、フェイスガードも着用する。
・ブランケットの貸出を中止する。

  • 一覧へ戻る